宇田屋のあられ

お問合わせ English

食い倒れの街『大阪』でうまれた マヨネーズあられ

味にうるさい関西人も虜に。食べ始めたら止まらなくなるおいしさ!

商品Line Up

基本のマヨネーズ味(プレーン)とプラスで相性の良い味付けで「ちょい足し」したものを4種類ご用意しました。
あなたのお好みの味を是非見つけてください。

マヨネーズ

マヨネーズ

卵黄マヨネーズのみ使用。
マヨネーズの酸味がまろやかな甘みを引き立たせます。
奥深い風味豊かな味わいをお楽しみください。

海鮮マヨ

海鮮マヨ

海老、青海苔をたっぷり練り込んだまさに海鮮マヨネーズ。
海鮮の風味とマヨネーズのまろやかさを塩が引き立たせ、
口いっぱいにおいしさが広がります。

七味マヨ

七味マヨ

七味は、唐辛子を主とした香辛料を調合した日本の調味料。
風味豊かな唐からしの辛味がほどよくやめられない逸品。

海老マヨ

海老マヨ

納得の一品、海老マヨネーズあられ。

黒こしょうマヨ

黒こしょうマヨ

マヨネーズと黒こしょうの相性は抜群。
ピリッ!とやみつきになる黒コショウ味は新感覚の米菓です。

製造工程

お客様一人一人のために

宇田屋のあられは、一度に大量生産ができません。

すべてのお客様、一人一人のために選び抜かれた材料を使用し、徹底的に衛生管理された工場で、作業員一人一人が真心をこめてつくりあげているからです。
また、油で揚げずに低温でじっくり香ばしく焼いているので、低カロリーでヘルシーな米菓です。

1.洗米 2.蒸す 3.杵つき
洗米 蒸す 杵つき
もち米(1袋30㎏入り)をステンレス製の
タンクに入れ、もち米を洗います。
洗ったもち米は、1晩冷水で浸かせます。
もち米を蒸練機(蒸し機)で蒸し、
モチにします。
蒸しあがったモチを10㎏計量し、
モチつき機でモチをつきます。
4.冷却 5.切断 6.乾燥
冷却 切断 乾燥
ついたモチを容器に入れ、
冷蔵庫(3度~5度)で
2日間かけて固めます。
固まったモチを切断機で
商品の形に切っていきます。
切断したモチ(生地)を乾燥機で
約5~6時間かけて乾燥します。
乾燥した生地は1晩寝かせます。
7.焼き 8.味付け 9.保管
焼き 味付け 保管
1晩寝かせた生地を焼きます。(5~10分) 焼いた生地をドラム式のタンクに入れ、
回転させながら味付けします。
再び乾燥させて、
出来上がったあられを缶に入れ、
保管します。

その他

宇田屋では「マヨあられ」以外にも、醤油味や塩味のあられもございます。

OEMも含めてお気軽にお問合わせください。

お問い合わせフォーム

宇田屋のオジリナル製品

"JapanNaise"

『旅行のお土産を買うならどんなものが喜ばれるか?』

宇田屋が、そのことを追及して作ったものが大阪限定販売のお土産BOX"JapanNaise"です。
海外向けからの旅行者(特に台湾・香港からの訪日客)をターゲットに作りました。
箱の中には、一つ一つ、配るために日本語が書かれたかわいい袋が入っているのもポイントです。

「海鮮マヨネーズ味」 と 「海老マヨネーズ味」の2種類
japannaise japannaise
お土産BOX
1箱 30g × 5袋入り
個包装
80g入り と 30g入り

現在、大阪のホテル内で販売中。
QRコードを使った販売システムもご用意。販売するための店舗が必要ありません。
また、個包装(30g入)は、ウェルカムスナックとしても好評いただいております。
お取り扱いにご興味のある方は是非、お問い合わせください。

"天下人ひでよしのおやつ"

『大阪と日本のよさをアピールしたい』
そんな想いから、日本初(?)の大阪らしいあられの缶詰をつくりました。

秀吉のおやつ

2018年8月より1か月間行いました、クラウドファンディングでも目標金額の146%にもなるご支援をいただきました。

ちらしの表 ちらしの裏

全国の缶詰バー「mr.kanso」約50店舗、主に関西のお土産店で10月より販売開始しました。
インターネットでも下記の2カ所で購入可能になりました。

お取り扱いにご興味のある方は是非お問合わせください。